fc2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

新潟、豪農の館

江戸中期。越後に、一町二反九畝二十九歩(約13,000平米)の畑を与えられて一人の百姓が分家しました。
一人の百姓は、代を重ね、やがて豪商から千町歩(1,000ha)以上の土地を持つ新潟県下一の大地主へと歩んでゆきます。



北方文化博物館は越後の大地主伊藤文吉氏の旧日本邸で
明治15年から22年まで8年の歳月をかけて造られたもので、
敷地8,800坪(29,200平方メートル)
建坪1,200坪(3,900平方メートル)
部屋数65の純日本式住居でその広大な施設は静寂な環境の中にある。

まわりには、土塁を築き塀を建て、濠をめぐらし、土蔵造りの門、総けやき造り唐破風の大玄関など、
まさに「豪農の館」と呼ぶにふさわしい豪壮さを備えている



門からして違いますね。人を寄せ付けないような・・・・
26年ぶりという大雪の名残がまだたくさん
豪農の館1


使用人が60人いたという。
家族と使用人のために、一日に一俵(60kg)の米を炊くって、どういう量だかピンとこない。

豪農の館2


大広間
百畳敷きの大広間。柱・天井・式台・戸は全て欅(けやき)造りで、特に式台と戸は一枚板で、当時の建材に贅をこらした建築様式がしのばれる。
長さ15間半(28.18m)の一本の杉の丸桁は、はるばる会津の付近から、いかだで運ばれてきたもの。
豪農の館5


三楽亭(さんらくてい)
世にも稀な正三角形の建物。
建坪11坪の建物で、中央には菱形の部屋があり、その左右に正三角形の部屋があります。
畳の殆どは菱形と正三角形。
柱も四角のものは無く、床柱3本、丸柱10本以外は全て菱形の柱が使われています。


豪農の館3

集古館
白壁と瓦の土蔵造りの建物で、昔は飯米蔵として多い時で2,000俵の米俵が積まれていたという。

豪農の館4


ここでは、ほんの一部の紹介のみです。
詳しくは、ウエブサイトがあります。

http://hoppou-bunka.com/
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

tag : 新潟・瀬波国内旅行宿泊

Secre

プロフィール

アンanne

Author:アンanne
千葉県在住です。

94歳の母との同居を経験して生活も考え方も変わってきました。

安全な食材で作る健康食・シニア用・ダイエット用のレシピ・写真も満載のブログにしていきたいと思っています。


以前は毎日更新していたブログですが、介護等の諸事情もあって現在は活動停止しています。

コメントにもお返事できませんことをお許しくださいませ。

おいしいものを求めて

FC2カウンター

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

フリーエリア

女性セブンの11月17日号で、この秋冬の元気鍋コーナーに掲載していただきました。 多くの方に目にとめていただいて感謝いたしております。 2011.11.02 008a

イタリア旅行の記事で トリップアドバイザーさんに お勧めブログとして認定していただきました。
ローマ ホテル口コミはトリップアドバイザー
ローマ ホテル口コミはトリップアドバイザー
↑イタリアの紹介になります。

世界最大の旅行クチコミサイトです。 これから旅行に行かれる方、情報収集にお役に立ちますよ!
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
↑トリップアドバイザーのトップページはこちら



このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新コメント